« See cherry blossom | Main | クジラの声を聞いた~! »

October 03, 2006

ウシに引かれて善光寺

2006年9月30(土)から10月1(日)の2日間

----------9月30(土)----------

快晴とまでは行きませんでしたが、2台の車に分乗して1年に1度の秋の王様”松茸”をお腹一杯に
堪能しに総勢11名で行きました。下井草の駅に遅れて来た人が1名様!後で紹介します。

Badgirl

  ↑空ダルに乗っては行けないのに乗っている広美ちゃん!

まずは関越から上信越道を通り、横川の休憩所まで!途中peeがしたい!って事だったので
休憩!ここで参加者の方々の自己紹介を!それから横川の休憩所まで!「野沢菜オヤキ」を
食べた人たちは一様に「美味しくない!」とか長野県人に怒られるのではないかと言うような
発言を繰り返してました。罰当たりどもめ~!


軽く朝食を済ませ、目指すは軽井沢の腸詰め屋!所が2台の車のうち1台の飯塚号が碓氷
軽井沢で降りる予定を通り過ぎてしまい、予定が若干狂ってしまい、おまけに山の中なので
携帯がつながらない!最後の会話が「何かを忘れた?取り忘れた?」としか聞こえず!
「どうするんだろう?」と話をしながらカエル号は軽井沢の駅方面へ!一方、飯塚号は途中で
高速を折り返して来て20分遅れくらいで到着!ETCゲートで直ぐ折り返しの出来る所が
最近増えているんですよね!これは便利です。

ここで皆さんは各自好みのソーセージやチーズを購入!夜のつまみに生ハムまで購入した人も
いました。それから近くの有名なチーズケーキ屋に足を延ばした人も!友達が腸詰め屋の近くで
花屋を経営している人がいるからた会いに行かれた人も!

ここから車で30分で走るとメルシャンが作っているウイスキー工場があります。今回の目的の1つは
この工場を見学して「試飲」をさせて貰うことでした。工場が近くなり、工場の周辺を参加者に紹介する
つもりで軽く1周!全体的な工場の雰囲気が掴めました。

入り口で試飲引換券を貰って簡単な説明を聞いた後にオブジェやお土産が販売されている所を
暫く見て、試飲が出来る会館に移り、早速「試飲!」17年物はやはり味も濃くて「ゲホゲホ知子」
している人もいました。やはりソーダで割るか水で割るかしないときついでしょうね~!
ウイスキーの製造過程のツアーが13:00からスタートでした。自動ドアーの有る工場の入り口で
説明中、2度位自動ドアーの下を踏んでドアーを開けていた人がいたとです。びっくりでした。
その人は乗ってはいけない樽の上に・・・

Whiskeyvats

タルの前にこう人が揃うと何だかドラマのロケ?みたいでしょ?どこかのおばさんが「撮させて~!」
ってカメラを向けてました。

どうです?凄いタルでしょう?このような大きなタルは通常「VAT」と記載されており、いつ作った
VATと分かるようにコンピューターで管理されているとの事でした。ウイスキーも樽に詰めて31年
以上は詰めないそうです。「天使の分け前!」っていう現象も飾っている樽から見ることが出来ます。

天使に分け前を少なくするのに昔は樽にペンキを塗ったらしいですが、木が呼吸をしているので美味
しいウイスキーは醸成出来ないのだそうです。ケチったら何でもだめですね!

一通り説明も終わり、試飲会場へ!もしこの樽を1樽買ったら幾らですか?って聞きましたらな何と!
2000万円(600L)以上すると言っていました。買った人は今までいないそうです。
私は買おうか?って言ったんですが「直ぐにご用意できないのでご勘弁を!」って言われました。
大昔、私はお店を開く時に、「儲かっ樽!」って思って店に樽を買いましたが・・・・・・!
世の中!樽を買ったくらいでは・・・・!甘かった・・・・!象の置物も買ったんですが!

3_people

どこかでみたような人たちだが・・・・観光のChineseの仲良し3人組かな~?

足下が怪しげな人を乗せてお昼を食べに小諸の「懐古園」へ直行!いつものソバ屋に行きました
が、昼時じゃなかったので誰もお客さんがいませんでした。早速皆様には思い思いの食べたい物を
注文して頂きました。

Sobaya

天ぷら野菜ソバにクルミソバ・ザル中盛・ザルそばに山菜ソバにクルミのオハギ!おまけは野沢菜
のおつけ物!これがまたお茶と合うんですね~!
お腹一杯にソバを堪能しました。今回は誰もビールが飲みたいとか日本酒が飲みたいと
言わなかったので、何だか不思議でした。そば屋だとソバガキを食べながら「日本酒でしょう!」
って仙台から参加のhatchet man さんでした。

まあ~考えて見ればこれから巨峰を食べに葡萄畑に行くわけですから、別腹が用意されて
いたに違い有りません。

「今年のブドウの出来映えはどうだろう?」って考えながら「有賀農園」を目指しました。
有賀農園に到着!100万ドルの笑顔で私たちを迎えて下さったのは娘さんと奥様!
実に1年ぶりの再開です。私たちも初めて訪れる葡萄畑でした。

Fleshblood

         お母さんと娘さん

巨峰がたわわに実っていて、「どうぞ好きなようにして下さい!」って!もう~嬉しいやら飛び上がりたく
なりました。

ここから私は知り合いの人や弟に巨峰を送りました。到着した人たちから「甘いね~美味しい~!」って
聞くと、私は生産者じゃ有りませんがやはり嬉しいですね!糖度日本1!有賀農園の巨峰です。

参加頂いた方々も各自思い思いに色々な所に伝票を書いて送っていました。ここのwebsiteも
有るので是非このブログを読んだ人は訪れて見て下さい。来年の美味しい巨峰を作るために
ボランティアーでブドウの手入れをしてくれる人を募集しています。お礼は収穫の時期に
4kg箱1個+α!オイオイ勝手に決めるな!有賀農園です。宜しくお願いしま~す!
        
後ろ髪を引かれる思いで巨峰畑に別れを告げ(その前にみんなの為に栗拾いをしてイガイガが
手に刺さって血が出た~!)あの栗はどこに行ったんだろう~?

今度は林檎の大松農園へ!まだ食べるのか~!でも画像がないので一つ飛ばし
向かうは菅平の山の家です。高度が上がっていくと気温も下がり始めました。

Banquet


                                   ↑仙台のおじさんはいい顔してる!

ゴージャスな大宴会!ここが初めての方が2名様!後の人は手に取るように施設を熟知!
いつものようにテーブルには美味しいご馳走が沢山!どれもこれも凄く美味しかったです。
焼酎を飲む人や生ビール(エビス)を飲む人!お腹にはもう~これ以上入りません。

食堂は8時で終わりだったのでテレビがあるバーでみんなでDVDの映画を見たりお酒を
飲んだりして11時で一応宴会は終わり!でもそれから部屋で飲み始めた人たちもいて捕まる
前に11時に就寝!誰だ~アイスクリームをツケで食べたのは~?

     お疲れさま~!

----------10月1(日)----------

Scine_2

幻想的な雲海(ミナガワさま激写)

朝の5時50分に自分の部屋に戻ると仙台の伯父さんがいませんでした。大浴場かな?
って行ってみましたがそこにもいませんでした。部屋の中から外を見ると曇っているせいか
雲海が幻想的でした。やはりカメラの目で見るよりもここに来て見ないとダメですね!

8時の朝食までお腹が空きすぎて巨峰を2房食べながら飢えをしのいでいると8時に!
テーブルにつくとまだ女性陣達は来ていませんでした。美味しそうなシャケの干物!

暫くして女性陣達が登場!信ちゃんが球拾いの格好で来ていたので、テニスは中止で
今日は善光寺参りだと説明をすると何だかがっくり来てました。折角服を~って!
でも善光寺参りも楽しそうね!って事になりご飯を食べたら行こうと言うことで決定!

    Information


   説明をしてくれている荒井さん!一人説明を聞いてない人が・・・・!有り難う!荒井さん!

9時30分過ぎに菅平を出発して長野市に向かって快調に車は善光寺に!善光寺の
お寺に一番近い駐車場をカーナビが教えてくれて駐車場確保!って思ったら店の人が
出てきて「お客様お車は止められませんよ~!」って!ええぇ~!「お土産を買うから!」
って言ったんですが、「駐車場とお土産は別」って言われました。が、このお兄さんが
凄い人で、「善光寺は初めてですか?」簡単なガイドをしましょうか?って申し出て
下さり、これが素晴らしいガイドでとても良い体験をする事が出来ました。勿論
このお兄さんの関連するお土産屋さんでウン万円も私たちがお土産を買ったのは
言うまでも有りません。

Zenkouji

最後はみんなで善光寺をバックに記念撮影!信州善光寺仲見世通り
おみやげと手打ちソバのたきや (026)232-4424

さてこれからが本番の松茸を食べようかい!ツアーです。13時に行くと伝えたのですが
果たして時間に到着するのかが心配になってきましたが、一生懸命に運転したので
13時1分前に到着!

懐かしい八重子おばさんの顔を見る事が出来ました。今回は11名だったので
さぞかしおばさんも驚いた事だろうと思いました.採れたての朝堀松茸だ~!
100gで6,000円!丁度2本で100g位!それを4本で100gにした人がいたと!

Salematsutake

       ミナガワさま激写

    カエル商事からのお願い!

1・巨峰の注文はメールか電話で有賀農園に是非お願いします。
カエル商事は有賀農園の回し者です。カエル商事の紹介だと言えば一房くらいおまけが
付くかも知れません。美味しさは保証しますが、おまけがつくか?は保証は出来ません。


2・友達や大事な人と松茸を食べに別所に行く時には市坂山荘へ!
ここもカエル商事の紹介だと言えば松茸が1本くらいは多く料理に出るかも!
これも保証は出来ませんが!


松茸を今年も思う存分食べられて幸せ~!みんなも幸せ~!松茸万歳~!って
自宅に帰ってからメールを下さったゲストの方もいらっしゃいます。

また来年も松茸を食べに行きましょうね!参加頂いた方々に感謝感謝です。


from カエル商事 with love.


 

|

« See cherry blossom | Main | クジラの声を聞いた~! »

Comments

The comments to this entry are closed.